「いつまでもデブと思うなよ」は、まさにダイエット業界潰しの本である

「いつまでもデブと思うなよ」は、まさにダイエット業界潰しの本である
岡田斗司夫さんの著作は電子書籍で、「あなたを天才にするスマートノート」を読んだ。

だいたい初めて読んで気に入ると他の作品も読んでみようと数ヶ月前に入手したこの本。

岡田氏はレコーディングダイエットで117キロから67キロへ1年間で減量に成功したそうだ。

====
この本「いつまでもデブと思うなよ」


について「あなたを天才にするスマートノート」の中で、以下のように述べている

私は2007年に 「いつまでもデブと思うなよ」というダイエット本で、53万部という記録を出しました。
この数字は、ダイエット本では日本出版最大のヒットであり、その他私の書いたレコーディング・ダイエット系書籍は合計で100万部を越えています。
いまだにダイエット特集を雑誌やテレビが組むときには、レコーディング・ダイエットは人気ベスト3に入り続けています。つまり「古くならない」ダイエット法なのです。
なぜでしょう?
それはレコーディング・ダイエットのメソッドは成功者が多い、つまり「成果が出やすい」からです

レコーディングダイエットは4つの段階に分けられている
1 助走
2 離陸
3 上昇
4 巡航

第1段階の助走は食べたものを全て記録する。また毎日体重を記録する。

この段階では食べるものに制限は付けない。何でも食べていい

第2段階は食べたもののカロリーを計算する。体脂肪率の記録をつける。

第3段階は一日当たりのカロリー摂取量を一定範囲内に抑える。

水を2L飲む

第4段階までくると成果は確実に出ているのでいかに維持するかについて書かれています

ぶっちゃけノート1冊あればレコーディング・ダイエットは始められますので試してみてはいかがでしょうか

2日ほどですが記録とってみました。わかる範囲でカロリーも記入してみてわかったことは痩せないの当たり前だということ。

基礎代謝(私の年齢だと1500キロカロリー)の範囲内に抑えるのはなかなかというかかなり大変だと、たった2日記録付けただけで実感しました

ちなみに岡田斗司夫氏の身長はわたしと同じ

タイトルとURLをコピーしました