桐野夏生 「天使に見捨てられた夜」を読んだ

桐野夏生 「天使に見捨てられた夜」を読んだ
大晦日早朝に読了しました

新宿歌舞伎町の女探偵・村野ミロシリーズの2冊目である

表紙はちょっと自分のイメージとは違う感じがする


前作に続いて設定がさすが新宿歌舞伎町という感じのハードボイルド小説です

読んで面白かったんですが、どうしても納得がいかなかったのが、ミロがもしかしたら犯人かもしれない矢代と寝てしまうというところ

推理小説の設定で絶対無しなのが、探偵が犯人。

それに近い設定のように感じました

読んでいてその場面の時は、「エッ、まじ」と思ってしまいました。

確かにそこから話はスピードアップしていくんですが。。。

ただこのシリーズは面白い。次も読みます

タイトルとURLをコピーしました