「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」

ただ、がむしゃらに生きてきた。気がつくと、多くのものを失っていた。だから、私は決意した。自分らしさを取り戻し、私らしく生きるために。一流企業に勤める49歳の筒井肇は、家庭を顧みず、忙しく仕事に追われる日々を送っていた。会社での立場は確立するが、妻や娘の心は離れるばかり。そんなある日、故郷の島根で一人暮らしをしている母が倒れたとの連絡が入る。追い打ちをかけるように、同期の親友の事故死の知らせが・・。それをきっかけに仕事一筋の人生に疑問を抱き始めた肇。「俺は、こんな人生を送りたかったのか・・・」

 

「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」をアマゾンで見る

「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」をアマゾンプライムビデオで見た。

島根県出雲を走る一畑電鉄のお話。

物語は淡々と進む。

それはまるで海辺をゆっくり走るバタデンのように。

穏やかにストーリーが流れるから見ている人は自分の人生を顧みてしまうような映画だ。

私は主人公より1つ上。どうしても重ねてみてしまう。

 

人生の起承転結の転は難しい。

「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」をアマゾンで見る

タイトルとURLをコピーしました