「ニュー・シネマ・パラダイス 」ずっと観たくて、観たくない映画だった

シチリア島の小さな村にある映画館・パラダイス座。親の目を盗んではここに通いつめる少年トトは、大の映画好き。やがて映写技師の老人アルフレードと心を通わせるようになり、ますます映画に魅せられていくトト。初恋、兵役を経て成長し、映画監督として活躍するようになった彼のもとにアルフレードの訃報が。映画に夢中だった少年時代を懐古しつつ、30年ぶりにトトはシチリアに帰ってきた・・・

監督
ジュゼッペ・トルナトーレ
主演
フィリップ・ノワレ, サルヴァトーレ・カシオ, マルコ・レオナルディ

「ニュー・シネマ・パラダイス」(字幕版)をアマゾンで見る

「ニュー・シネマ・パラダイス 」をアマゾンプライムビデオで観た。

この映画はずっと観たくて、観たくない映画だった。

きっと観たら好きになる。くだらないそれに対しての反発だった。

 

結論から言うと、

「好きなことを仕事にするのは難しい。そしてそれは素敵なことである」ということだ。

天職を見つけてそれを仕事にする。

それは誰にでも出来ることではない。

映画監督として成功者になったトト。

その苦労は映画では描かれていない。

だけどそれがどんなものか少しわかる気がする。

 

自分の好きなことを仕事にすると言うことは、

「好きなことからお金を得なければいけないということだ」

これは難しいし、人によっては罪悪感を伴うことだ。

私はそういう人を知っている。

 

この映画は天職を探している人。これから仕事に就く若者に観てもらいたい。

子ども達にも勧めるつもりだ。

 

エレナ役のアニェーゼ・ナーノが美しい

この作品以外あまり目立った活動がないのが惜しい

タイトルとURLをコピーしました